So-net無料ブログ作成

医者に言われても受けてはいけない手術!前立腺肥大症も [週刊誌医療特集]

やめたほうがいい!”全国民必読”
との見出しが強烈なインパクトをあたえた『週刊現代』

「医者に言われても受けてはいけない手術」にリストアップされたのが
当ブログのテーマでもある”前立腺肥大症”

リストアップされている全項目をあげると

・前立腺肥大症
・過活動膀胱
・脊柱管狭窄症(腰痛)
・変形性膝関節症(ひざ痛)
・五十肩

・顎関節症
・いぼ痔
・外反母趾
・白内障
・緑内障
・子宮内膜症

ここでは”前立腺肥大症”がどのように取り上げられているのか
【手術のせいでEDに!】
 尿がうまく排出できなくなる!
 1日に何回もトイレに行きたくなる頻尿
 などの症状が出る”前立腺肥大症”。

 55歳以上の男性のうち5人に1人が罹患しているともいわれ、
 一昔前は、手術で切るしか治らないと言われていた。
 だがそれはもはや古い話だ。

泌尿器科を持つ楠医院の板倉院長が言う。 
 「前立腺肥大症という同じ病名がついていたとしても
 各々の年齢も違えば、体つきも違うし
 症状も違います。

 すべての人に手術が必要と言う訳ではありません。
 重度でなければ薬で十分治療が可能です。

手術にはリスクがありあります。
 手術による出血や、おしっこの通り道に細菌が入り
 感染症を引き起こすことも。
 また、逆行性射精やEDになってしまうこともある。


また、別の医師であり医療ジャーナリストの話として
 前立腺肥大症の場合、医師は前立腺ガンかどうか調べたがるので
 細胞を採取して生検をすすめます。
 生検では、十数カ所、前立腺に針を刺して
 細胞を取るがこれが危険なのです。
 尿が出にくくなって腎不全を起こす可能性が・・・


※前立腺肥大症だけでもこんな感じです。

週刊現代0625.jpg

『週刊現代』は
この2~3か月前までは、中高年のセックスライフ
『死ぬまでセックス・・・』をメインテーマにしていたのですが

健康雑誌『壮快Z』までもが
『すぐできすぐ効く性力アップ術を大公開!』
とかシリーズで取り上げるようになってきて
さすがの週刊現代もそろそろネタ切れ!?

それではとばかりに医療分野に殴り込み?!


市川海老蔵さんが
奥さんの小林麻央さんが「進行性乳がん」の治療中
であることを公表され多くのメディアに取り上げられました。

『週刊現代』がチャンス?とばかりに
『死ぬまでセックス・・・』
から
『ちょっと待て!やめたほうがいい・・・手術』
に方向転換?

7/30号まですごい反響で、完売店が続出しています。


長くなりましたので続きは次回へ!




nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0