So-net無料ブログ作成

ちょっと待て!その手術、この薬が危ない!前立腺がんも [週刊誌医療特集]

ちょっと待て!その手術やこの薬が危ない!
大反響で本当に売れているのは本当のようで
完売店が続出の第7弾”医者が患者に教えない「不都合な真実」

週刊現代723.jpg

よくぞ書いてくれた『がんばれ!週刊現代』
「圧力に負けるな!本当のことを書き続けてくれ」
と、全国の読者から、熱い応援と支持が!?


※惰性で薬を飲んだり、安易に手術を受けたり

誰にでもそんな経験はある?!
だけど、医者を過信してはいけない。
過剰な医療が命を知事める危険で溢れてる。

◆この件に関しては、
 私は医者ではないけれど全く同感です。

5年ほど前、
妻がうつ病で入院していたとき処方されていた薬
『週刊現代』の前々回号に
ヤバい薬として掲載されていました!

 ↓詳しくはこちらのブログ
⇒ 仮面うつ病になって入院しました


他にも、健康診断で胃内視鏡検査を受けた時
前回検査で組織を取って調べた所を
次の年も同じように「組織を取って調べようとされた」

私は2回目は、組織を取るのを断わったけれど
惰性で医者の言いなりになる人がほとんどだと思います。


◆前立腺については興味ある記事が!

・PSA検査を前立腺がんの検査として行っているのは
 日本だけとのこと。
・60歳以上で「前立腺がん」が見つかっても放置しておいて問題ない
 とのこと。このガンは非常に進行が遅いので、
 症状が出る前に寿命が来てしまう!


長くなりましたので続きは次回へ!




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0